Work Flow製作の流れ

SIN PUTTERができるまで

期間:約2ヶ月(オーダー〜製作〜納品)

約1ヶ月 01

カウンセリング&
フィッティング

お悩みやご希望をお伺いした後、フィッティングで最適な4つの要素(芯・重心角・ライ角・ロフト角)を探し出し、お客様に最適なパター仕様を決定します

02

設計&デザイン

4つの要素をフィッティングにより数値化し、ひとり一人の打ち方に応じた図面を起こします。さらにカウンセリングでお聞きしたお客様のご希望を合わせ、パターのオリジナル設計をご提案します

03

モデリング&
3D試作モデル制作

カウンセリング・フィッティングデータをもとに、3D CADを使用したパターヘッドをモデリングします。その後、モックアップモデルを3Dプリンターで制作します

お客様へのご提案

製作仕様書・御見積もり明細書と共に、モックアップモデルをお客様に確認して頂きます。この時点では、何度でも形状変更が可能です

01〜03を繰り返し
お客様が納得される
形状&デザインに

約1ヶ月 04

製造開始

【素材の決定】

仕様に合わせて素材を決めます
素材について

 
【加工プログラム作成】

3D CAD/CAMを使用して、膨大なデータ量の加工プログラムを作成します

【機械加工】

作成した加工プログラムをマシニングセンタという工作機械にインプットし、20種類の切削工具を使用して、機械加工を行います

【彫刻加工】 ※オプション

ご希望のイラスト・ロゴマーク・文字などを彫刻します


【研磨加工】

熟練職人の手作業にて、仕上げ・研磨加工を行います


【表面加工】

ご指定のメッキ加工を行います
表面加工の種類ついて


【カラーリング】

サイトラインや彫刻部分に、ご指定の色付けを行います

【組み立て】

ヘッド・シャフト・グリップを組み立てます。シュリンクフィルムをヘッドとグリップに装着し、化粧箱に入れて納品します

納品